不動産屋さんの目線

不動産契約

家を売る時には、契約する不動産会社のメリットとデメリットも合わせて考えておくと、どのような契約にするべきかの参考になります。一般媒介契約の場合には、他の不動産会社も一緒になって販売活動を行っていきますので、一生懸命頑張っても他の不動産会社に契約されてしまう可能性があります。
専任媒介契約よりも利益が少なく、リスクが高くなりますので、どうしても取り扱う頻度であったり、比重はすくなくなってしまいます。その為、より利益が大きくリスクの無い専任媒介契約の方を優先させてしまいます。

不動産売却について相談しているイラスト専任媒介契約の場合には、不動産会社も本気になって販売活動をしてくれますし、広告費も惜しみませんので、専任媒介契約がおすすめだといえます。
しかし、この専任媒介契約がおすすめなのは、あくまで不動産会社が信頼できるとてもよい不動産会社という事が前提になります。
不動産会社には、その不動産の売却するのが得意な不動産会社と苦手な不動産会社がいます。
マンションを売却するのが得意な不動産会社もいますし、一軒家を得意としている不動産会社もいます。
専任媒介契約するには、いまいち安心して任せるような信頼関係を作る事ができないという場合には、一般媒介契約を結ぶ事も頭に入れておく必要があります。


契約形態の種類

不動産契約

家を売る時には不動産会社と契約するのですが、その契約形態は、「一般媒介契約」と、「専任媒介契約」、「専属専任媒介契約」の3種類に区分されております。その為、それぞれの契約形態の状況を確認しつつ、内容を理解する事が重要になります。

一般媒介契約がどのような物なのかというと、家を売る仲介を複数の業者に同時に依頼する契約で、複数の不動産会社に媒介や代理を依頼する事ができます
サラリーマンのイラスト自分達で購入希望者を見つけて取引する事も可能です。
また、他の特徴としては契約の有効期間であったり業務処理状況の報告義務、指定流通機構への登録義務などが無いと言う事があります。

専任媒介契約は、一般媒介契約のように複数の業者に同時に媒介や代理を依頼する事ができない契約です。
ただし自己発見取引は可能です。
また、契約の有効期間は3カ月以内ですが依頼者の申し出にのみ3カ月以内の更新可能です。

専属専任媒介契約は、依頼者が依頼した不動産会社を介してしか取引ができないという縛りがあります。
ただし業務処理状況報告義務は1週間に1回以上行われる事が義務付けられておりますし、レインズへの登録義務は契約日から5営業日以内と厳しくなっております。
それぞれにメリット、デメリットがありますので比較して契約してください。


家を売る時の契約形態

不動産契約

一軒家やマンション、アパートなど不動産を売りたい時には、自分と購入者が直接やりとりをすると、あまりに金額が大きくなっておりますので、トラブルの原因にも繋がります。
その為、家を売る時には、不動産会社に相談し、間に入ってもらう事によって、スムーズに売却する事ができます。

不動産会社は、お客様の貴重な財産でもある不動産を、なるべく高く、なるべく早く、なるべく安全に売るための知識をもっております。
特に大きな金額になる不動産の売却は、専門家のアドバイスがとても重要になってきます。
不動産会社は、千差万別になっております。
その為、不動産会社は優良な不動産会社とあまり有能ではない不動産会社があります。良い不動産会社は、不動産の売却に関する専門的な知識を蓄えるために、日々の勉強を欠かさなかったり、少しでも高く、早く、安全に売却する事ができるような営業努力を欠かしません。
また、不動産を売却するような場合には、不動産会社と契約するのが一般的なのですが、契約する契約形態も複数あり、大まかに3種類に区分されています。それぞれの契約形態によって義務や制限が定められていますので、違いについてもしっかりと確認しておく必要があります。
そこでこちらのページでは、3種類に区分されている

  • 「一般媒介契約」
  • 「専任媒介契約」
  • 「専属専任媒介契約」

の内容についてご紹介していきます。それぞれ全く違った契約形態ですので、しっかりと理解してください。