家を売る時の契約形態

不動産契約

一軒家やマンション、アパートなど不動産を売りたい時には、自分と購入者が直接やりとりをすると、あまりに金額が大きくなっておりますので、トラブルの原因にも繋がります。
その為、家を売る時には、不動産会社に相談し、間に入ってもらう事によって、スムーズに売却する事ができます。

不動産会社は、お客様の貴重な財産でもある不動産を、なるべく高く、なるべく早く、なるべく安全に売るための知識をもっております。
特に大きな金額になる不動産の売却は、専門家のアドバイスがとても重要になってきます。
不動産会社は、千差万別になっております。
その為、不動産会社は優良な不動産会社とあまり有能ではない不動産会社があります。良い不動産会社は、不動産の売却に関する専門的な知識を蓄えるために、日々の勉強を欠かさなかったり、少しでも高く、早く、安全に売却する事ができるような営業努力を欠かしません。
また、不動産を売却するような場合には、不動産会社と契約するのが一般的なのですが、契約する契約形態も複数あり、大まかに3種類に区分されています。それぞれの契約形態によって義務や制限が定められていますので、違いについてもしっかりと確認しておく必要があります。
そこでこちらのページでは、3種類に区分されている

  • 「一般媒介契約」
  • 「専任媒介契約」
  • 「専属専任媒介契約」

の内容についてご紹介していきます。それぞれ全く違った契約形態ですので、しっかりと理解してください。