不動産屋さんの目線

不動産契約

家を売る時には、契約する不動産会社のメリットとデメリットも合わせて考えておくと、どのような契約にするべきかの参考になります。一般媒介契約の場合には、他の不動産会社も一緒になって販売活動を行っていきますので、一生懸命頑張っても他の不動産会社に契約されてしまう可能性があります。
専任媒介契約よりも利益が少なく、リスクが高くなりますので、どうしても取り扱う頻度であったり、比重はすくなくなってしまいます。その為、より利益が大きくリスクの無い専任媒介契約の方を優先させてしまいます。

不動産売却について相談しているイラスト専任媒介契約の場合には、不動産会社も本気になって販売活動をしてくれますし、広告費も惜しみませんので、専任媒介契約がおすすめだといえます。
しかし、この専任媒介契約がおすすめなのは、あくまで不動産会社が信頼できるとてもよい不動産会社という事が前提になります。
不動産会社には、その不動産の売却するのが得意な不動産会社と苦手な不動産会社がいます。
マンションを売却するのが得意な不動産会社もいますし、一軒家を得意としている不動産会社もいます。
専任媒介契約するには、いまいち安心して任せるような信頼関係を作る事ができないという場合には、一般媒介契約を結ぶ事も頭に入れておく必要があります。